フォトブックランキングベスト3!スマホもOK、おしゃれでカンタン

おしゃれで人気のフォトブック

多様化しているフォトブック。富士フイルムのフォトブックのラインアップのうち、ネット注文で人気のフォトブックをランキング形式でご紹介します。

3位 フォトブック ソフトカバー

人気でお手頃なフォトブックソフトカバー

初めて作る方に人気なのが、「フォトブック ソフトカバー」。お手頃な価格で作れることができ、カジュアルで持ち運びにも便利です。
プリントタイプは、紙にインクを塗布する「印刷仕上げ」。紙の質にあわせて色の濃淡や鮮やかさを変化させています。ページは16~48ページまで。サイズは5種類があり、売れ筋は「タテ145×ヨコ145mm」サイズの24ページ。平均掲載画像数は約60枚です。

2位 イヤーアルバム

成長記録にイヤーアルバム

子育てママに圧倒的な人気なのが「イヤーアルバム」です。子どものフォトブックを作りたいけれど「時間がない」「画像が多すぎてその中から良い写真が選べない」というママも多いですよね。イヤーアルバムは、人物の顔、ピント、明るさ、画像の類似度などを解析し、大量の写真の中から自動的に良い画像を選択します。さらに、選んだ画像を時系列に配置し、とくに良い画像を大きく配置するなどメリハリをつけて最適にレイアウトします。優先的にアルバムに登場させたい人物を指定すると、その人物中心のアルバムが作成できる「主人公設定」も可能なので、子どもの成長記録にぴったり。時間のないママでもカンタンにおしゃれなフォトブックが作れます。
「旅行」や「結婚式」をテーマとして選ぶこともできるので、子育てママ以外にも幅広く愛用されています。ページは16~48ページまで。編集途中でページ数の変更(2ページごと)もできます。サイズはA5相当サイズとA4相当サイズの2種類があります。

1位 フォトブック ハードカバー

超高画質で綺麗なフォトブックハードカバー

写真のきれいさにこだわる方から高く支持されているのが「フォトブック ハードカバー」です。プリントタイプは、写真用印画紙を使った「写真仕上げ」。純度の高い色再現や滑らかなグラデーションによる超高画質な仕上がりに感動する人が多く、一度ハードカバーで作ると、その後もずっとハードカバーで作り続ける方が大半。カバーに高級感があるのでプレゼントにも最適。ページがフルフラットになって完全に見開くので、見やすさも抜群です。
ページは16~48ページまで。サイズは4種類があり、売れ筋はA5相当の「タテ205×ヨコ145mm」サイズの24ページ。平均掲載画像は約60枚です。

 

ほかにもこんなタイプのフォトブックもあります。

フォトブック リング

高画質な「写真」タイプのフォトブックを比較的安く作りたい方に人気です。片面出力で、ページ数は10?35ページまで。

PhotoZINE(フォトジン)

最近写真好きな女性を中心に、自分で撮影した写真をコピー機などを使って手づくりで簡易的な冊子にまとめた「ZINE(ジン)」が注目されていますが、「PhotoZINE」はZINEスタイルのフォトブックをカンタンに作れるサービスです。一般的なフォトブックはページを左めくる左綴じ製本ですが、これは右綴じ製本。縦書きの文字も入れられ、本に近い仕上がりです。



撮りためた家族の写真、データのままになっていませんか?
「フォトブック」にすれば、家族みんなで手に取って、楽しい思い出を振り返ることができます。
作成は簡単、スマホからでもパソコンからでも。

フォトブックについて詳しくはこちら