これで完璧!結婚式写真データの活用方法とフォトブック作りのコツ

結婚式は人生の一大イベント。大切な日の思い出をきれいに残すための写真の撮り方や飾り方、さらに結婚式で撮った写真の活用方法やフォトブックの作り方まで。結婚式の写真を2人の永遠の宝物にする方法をご紹介します。

結婚式での写真の飾り方アイデア

結婚式の式場には2人の写真を飾っておくのもおすすめです。新郎新婦の雰囲気をゲストが事前に知ることができるので、会場が温かな雰囲気に包まれます。

*式場での写真の飾り方の例

  • コルクボードに貼ったり、紐やワイヤーに吊るしたりしてウェルカムスペースに飾る。
  • 前撮り写真を大きくプリントし、ウェルカムボードとして受付に置く。
  • 2人の思い出をフォトブックやアルバムにして、待合室に置き自由に閲覧してもらう。

結婚式の「写真指示書」は必要?

結婚式の写真撮影をプロカメラマンに頼む場合、基本的に撮影はおまかせでOKですが、最近は、どんな写真を撮ってほしいかを説明した「写真指示書」を作って、カメラマンに渡す方もいます。「フォトプロップス」とか「スマホで自撮りをしている2人」など、定番以外の特殊な構図を撮ってほしいときやプロではなく友人に撮影をお願いする場合には、あらかじめ希望を伝えておくと安心ですね。

*もし作るなら「結婚式の写真指示書の作り方のポイント」

  • 指示は最小限。細かくしすぎない(指示書が気になっていいシーンを撮り逃すリスクも)
  • シーンより雰囲気を伝える(明るく元気な感じ、シックに、セピアやモノクロに…など)
  • イメージ写真を添える(SNSには先輩花嫁さんの写真がたくさん!)

どうしてる?結婚式の写真データの使い方

結婚式の写真データは年賀状に使う以外にもいろいろな楽しみ方があります。

  • 結婚式に参列してくれた友人に共有
    友人が写っている集合写真はオンラインアルバムで共有すると喜ばれます。とくに女性ゲストはこの日のために服を新調したり、ヘアメイクを頼んだりすることもあるので、なおさらですね。
  • 祝電をくれた人にお礼として送る
    祝電をくれた方には、お礼の手紙にプリントした写真を添えて送るのもおすすめ。当日の幸せな雰囲気を伝えられます。
  • フォトブックを作って両親へプレゼント
    プロカメラマンや友人が撮った写真データから、お気に入り写真だけを抜粋してオリジナルのフォトブックを作るのもおすすめ。フォトブックは同じものを複数冊注文できるので、両親分も作ってプレゼントすれば、とても喜ばれます。

結婚式フォトブックのレイアウトのコツ

幸せな記念日を永遠にカタチに残せるフォトブック。結婚式のフォトブックをおしゃれに仕上げるには、レイアウトにリズムをつけるのがポイントです。枚数が多くなる2ショット写真は、大きさを変えたり、構図のちがうものを使うとメリハリが生まれます。また、友人や両親の笑顔、ブーケやグラスなど小物、会場全体など、いろいろな写真を使うと当日の空気感が伝わりやすく、幸せな記憶がいつでも鮮明によみがえります。

*結婚式フォトブックの英語タイトル例

Happy Wedding
Our Wedding Day
Taro & Hanako (名前)
T & H (イニシャル)
Our Wedding Taro & Hanako