七五三いつ祝う?親の服装・写真のコツ・準備チェックリスト

七五三のお祝い

子どもの成長における一大イベント、七五三。準備を万端にして、晴れやかにお祝いしたいですね。

七五三の由来と意味

七五三の子どもの写真

男の子は5歳(または3歳と5歳)、女の子は3歳と7歳で祝う七五三は、子どものすこやかな成長を感謝し、これからの成長を願う行事です。昔は乳幼児の死亡率も高く7歳まで元気に育つのは大変なことでした。
七五三は江戸時代には広まっていたとされています。3歳は髪を伸ばし始める「髪置きの儀」、5歳の男の子は初めて袴を着る「袴着の儀」、7歳の女の子は付き紐の付きの着物にかわって帯結びをする着物にかわる「帯解きの儀」といわれました。

*千歳飴の由来と意味

長く伸びていることから、子どもが長生きするようにという願いを込めた縁起物。鶴亀や松竹梅など縁起のよい絵柄が描かれた袋があるだけで、とても七五三らしい写真が撮れます。

七五三の時期、早生まれの場合は?いつまでに祝う?

七五三は11月15日。ただ、15日にこだわらず、前後の土日に参拝する人も増えています。早い人では9月、遅い人でも12月半ばごろまでには終わらせているようです。
以前は数え年で祝うことが多かったのですが、最近は満年齢で祝う人も多くなりました。早生まれのお子さんでも満年齢で祝う人もいます。兄弟姉妹と一緒に祝うために、一人は満年齢、一人は数え年にするのも問題ありません。

七五三の準備チェックリスト

早い人でゴールデンウィークごろ、遅くとも夏ごろには準備をはじめる人が多いようです。早めに予約をしたほうが衣装や撮影日時の選択肢も豊富です。
一日ですべて済ます場合は、「着付け→記念撮影→参拝→食事会」の流れが一般的。最近は、前撮りプランを利用して、記念撮影と参拝を別の日にする人も少なくありません。

<七五三準備チェックリスト>

□ 衣装の準備(レンタル・購入)
□ 着付け・メイクの予約
□ 写真館や写真スタジオでの撮影予約
□ 食事会の場所の予約
□ 当日の持ち物の準備(子どものお菓子、替えの靴、祈祷料など)

*七五三の親や祖父母の服装は?

七五三の家族写真

母親は洋装ならワンピースやスーツ、和装の着物もすてきです。父親はダークカラーのビジネススーツが定番。祖父もスーツ。祖母はジャケットにロングスカートなどラフすぎないおしゃれなおでかけ着が一般的です。

七五三のおすすめ写真撮影シーン

写真館や写真スタジオで記念撮影では緊張した表情でも、家族とのオフショットではぐっと表情がやわらぎます。自分のカメラで撮っておきたいシーンをまとめました。

<七五三おすすめ写真撮影シーン>

  • ヘアメイクや着付けの様子
  • ヘアスタイルのアップ
  • お参りをしている姿
  • 参拝した家族全員の集合写真
  • 撮影の合間にみせた素の表情
  • 千歳飴や手毬などの撮影小物
  • 神社に「七五三詣」のような看板があればその前で

【関連リンク】
3歳ママパパのアルバムライフ(七五三編)



おすすめ!フォトブックお役立ち記事

子どもの誕生日のお祝いと写真の撮り方のコツ【自宅編】

1年に1度やってくるわが子の誕生日は、世界でいちばん大切にしたい記念日かもしれませんね。「すくすく育ってくれてありがとう」というパパやママの気持ちも写り込むような幸せ写真を残すヒントをまとめました。