敬老の日の人気プレゼントはコレ!孫からおじいちゃんおばあちゃんへ

敬老の日のプレゼント

敬老の日には、両親や祖父母へ感謝の気持ちを伝えたいですね。敬老の日の由来やおすすめプレゼントをまとめました。

「敬老の日」の由来とは?「老人の日」とのちがい

敬老の日は、9月の第3月曜日です。はじまりは兵庫県の野間谷村で1947年に開催された「敬老会」といわれています。野間谷村は翌年、9月15日を「としよりの日」として村の祝日に制定しました。9月15日の由来は、593年に聖徳太子が身寄りのない老人や病人のための施設「悲田院」を設立した日にちなんでいるという説もあります。
その後、としよりという響きがあまりよくないことからり、1964年に「老人の日」に名称変更。その2年後に国民の祝日「敬老の日」となりました。2003年からはハッピーマンデー制度の導入により、9月の第3月曜日になっています。
現在、9月15日は「老人の日」、9月15日~21日は「老人週間」となっています。「老人の日」と「敬老の日」のちがいですが、「敬老の日」は老人を敬愛し、長寿を祝う日。一方「老人の日」は老人福祉への関心と理解を深める日とされています。

敬老の日、何歳からお祝いするのが正解?

“老人”という言葉は人によってとらえ方がちがい、これが正解というものはありません。ちなみにWHO(世界保健機関)では65歳以上を高齢者と定義しています。また、映画や鉄道のシニア割引には50歳から使えるものもありますね。ただ、どんなに若くても孫から見たらおじいちゃんおばあちゃん。孫ができたのをきっかけに敬老の日デビューをする人も多いようです。
還暦や古希などは敬老の日に祝う人も多いですが、その場合、長寿祝いは60歳(数え61歳)からはじまります。

<長寿祝いとテーマカラー(※数え年表記)>

長寿祝いとテーマカラー

敬老の日のおすすめプレゼント6選

敬老の日に孫や子どもから贈りたい、おすすめプレゼントを紹介します。敬老の日に長寿祝い(還暦や古希など)をする場合は、それぞれのテーマカラーにちなんだものを選ぶのも一案です。ものを贈る以外には食事を一緒にしたり、家事を手伝ったりしても喜ばれます。

敬老の日のプレゼント
  1. 健康グッズ マッサージクッションや入浴剤、ウォーキングシューズなど、健康を気づかうグッズは人気があります。
  2. 食べ物 和洋菓子、日本酒、紅白ワインなど。「自分では買わない」ワンランク上のものがおすすめです。
  3. 趣味のグッズ アウトドアやカメラなどの趣味グッズ。機能性の優れた実用的なものを選ぶと喜ばれます。
  4. 服・小物 カーディガンやパジャマ、マフラーやスカーフ、アクセサリーなど、身に付ける小物類は使うたびに思い出してくれます。
  5. 手作りカード 子どもと一緒に手作りに挑戦。色画用紙や折り紙を二つ折りにし、メッセージやイラスト、写真を添えてみては。お子さんの手形を押してもキュートです。
  6. フォトブック 毎年送ってもマンネリにならず、むしろ見返す楽しみが増えます。親戚が協力して孫の写真を集めたり、デジタル化した昔の写真を入れたりするのもおすすめ。