幼稚園・保育園の卒園式・謝恩会とは? 実施時期から当日の流れまで

「卒園式」は保育園や幼稚園の生活をしめくくる、園生活の中でも一番大きなイベントです。卒園式はいつやるのか、どんな内容なのかなど、卒園式の基本をまとめました。

幼稚園や保育園の卒園式とは?

修了証書

卒園式とは、幼稚園や保育園を終了するときに行われる節目の儀式。園生活を通して成長したことをほめ、新たな門出をお祝いするものです。子どもたちは新しい生活に胸をふくらませる一方で、仲の良いお友だちや大好きな先生とのお別れをさみしく思い、いろいろな感情が入り混じる日。親にとっても子どもの成長をしみじみ感じられる特別な1日。感動で涙が止まらなくなってしまうママやパパもいますね。

卒園式はいつ? 何時から何時まで?

通っているのが幼稚園や保育園か、また地域などによっても違いますが、多くの園ではだいたい3月の中旬から下旬頃に卒園式が行われています。幼稚園では平日、保育園は土日に行われることが多い傾向。時間帯はおもに午前中で10時くらいにスタートし、式典自体は1時間程度で終わります。式の後には教室で友だちと写真を撮ったり、お世話になった先生へ挨拶をしたりすることが多いようです。

ちなみに保育園の場合、卒園式の後も3月31日までほとんどの子が登園します。まだしばらく一緒に過ごすので、「今日でお別れ!」という感じは少ないかもしれません。

卒園式の流れ(式次第・プログラム内容)

卒園式の基本的な流れは以下のとおり。

  • 卒園児入場
  • 開式の言葉
  • 卒園証書授与
  • 先生の挨拶
  • 来賓の挨拶
  • 送る言葉(在園児)
  • お別れの言葉や歌(卒園児)
  • 閉式の言葉
  • 卒園児退場

園によってプログラムや進行に違いはあり、上記のほかに「記念品の贈呈」や「保護者の挨拶」などが入ることも。式のハイライトはやはり「卒園証書授与」で、絶好のシャッターチャンスでもあります。基本的に式典中は子どもたちも保護者も座っていて動きが少ないので、写真を撮るなら入退場などのタイミングが狙い目です。

卒園式後の謝恩会は何をする?

幼稚園や保育園の謝恩会は、保護者と子どもたちが先生たちに感謝を伝える会として催されます。謝恩会の規模や内容は園によってさまざま。会場は、レストランなどを貸し切ることもあれば、卒園式終了後にそのまま園の教室で行われることも。よくあるのは、一緒に食事や軽食を楽しみながら、出し物やゲームをしたり、先生に花束やプレゼントを渡したりするスタイル。フォーマルなセレモニーの卒園式と比べて、謝恩会はわきあいあいとした雰囲気なので、リラックスした表情の子どもたちの写真を撮ることもできます。

泣いても笑っても卒園式は園生活の最後を飾る一大イベント。いろいろなシーンの写真を撮って、大切な思い出をたくさん残してあげたいですね。