子どもの誕生日のお祝いと写真の撮り方のコツ【自宅編】

子どもの誕生日のお祝い写真

1年に1度やってくるわが子の誕生日は、世界でいちばん大切にしたい記念日かもしれませんね。「すくすく育ってくれてありがとう」というパパやママの気持ちも写り込むような幸せ写真を残すヒントをまとめました。

子どもの誕生日パーティの写真撮影のコツ

子どもの誕生日パーティの写真

自宅での誕生日のお祝いを撮影する場合は、以下のようなことに気をつけて撮影するとよいでしょう。

  1. 最適なカメラ設定にしておく
    自然な風合いに仕上げたい場合はフラッシュなしがおすすめ。部屋が暗ければ、露出を調整して明るくし、両手でデジタルカメラやスマホをしっかり固定して撮影します。誕生日ケーキのろうそくを吹き消すシーンでは、部屋を真っ暗にするより、ほのかに明るくしておくほうがよいでしょう。吹き消すときは連写設定にしておくと、いい瞬間を逃しません。
  2. 写したくないものを隠す
    部屋の中にいろいろなものがあると、背景がごちゃごちゃしてしまいます。写したくないものはあらかじめ隠しておくとよいでしょう。
  3. 毎年同じ場所やポーズで撮る
    「家族全員が横1列に並んで手をつなぐ」「家の門の前で撮る」など、毎年、同じ場所やポーズで必ず撮るようにすると、家族の変化や子どもの成長がひと目でわかります。

子どもの誕生日パーティで撮っておきたい写真

子どもの誕生日は家族水いらずでお祝いする人もいれば、友人や祖父母を招いてちょっとしたパーティを開く人もいるでしょう。その場の雰囲気がわかるような写真を残すのがポイントです。

<撮っておきたいシーン>

誕生日ケーキ
  • 誕生日ケーキ…メッセージが見えるよう食べる前にも撮影
  • 子どもがろうそくを吹き消す瞬間…バースデーパーティのハイライト!
  • 部屋の飾りつけ…子どもも入れて撮るときは縦位置がおすすめ
  • プレゼントを開ける瞬間…喜ぶ表情を狙えます
  • 家族やお友だち…たくさんの人たちに愛され、幸せに成長している様子が伝わります
  • 集合写真…タイマー撮影で全員集合!祖父母も招いたらぜひ一緒に。