おしゃれママ必見!卒園式の服装と写真の撮り方のコツ

卒園式の写真

卒園式は一生に一度しかない成長の節目。ハレの日にふさわしい装いで、すてきな思い出写真をたくさん残したいですね。服装のマナーや写真撮影のポイントをご紹介します。

【幼稚園・保育園】卒園式、服装や髪型はどうする?

卒園式準備で悩むのが服装や髪型。主役のお子さんはもちろん、パパやママもおしゃれにきめて、思い出をすてきな写真に残したいですね。

*ママの服装

黒や紺、グレーなど落ち着いた色味のスーツやワンピースが定番。最近はパンツスーツやプルオーバーのトップスとスカートのセットアップなども人気。ジャケットなしの場合はパールのアクセサリーなどを使うと式典らしいフォーマル感がでます。園によって雰囲気は違うので、不安があれば事前に先輩ママや先生に確認しておくと安心。SNSの画像検索で見つけたママコーデを参考にしてみても。

*パパの服装

ダークスーツが一般的です。ネクタイは落ち着いた色味や柄を選ぶとよいでしょう。胸元にポケットチーフを挿してもおしゃれです。

*子どもの服装・髪型

制服があれば着用します。制服がない場合は、男の子ならジャケットとパンツ、女の子はセットアップやワンピースなどが定番。セレモニー以外にも着まわせるカッチリしすぎないものも人気です。女の子の髪型は、編み込みやアップスタイルにアレンジすると華やか。カチューシャや大きめのヘアアクセサリをつけるだけでもおしゃれです。

卒園式当日に撮影しておきたいシーン

卒園式後にお友だちと遊んでいる写真

卒園式の日はシャッターチャンスがいっぱい。いろいろなシーンを残しておくと、アルバムやフォトブックにまとめたとき、ストーリーを感じられるものになります。

  1. 最後の通園風景…「今日で最後」と思うだけで感動の瞬間に
  2. 「卒園式」の看板の前…逆光で表情が見えないときはフラッシュを使用
  3. 卒園式…入退場シーンと卒園証書の授与がハイライト
  4. 教室や園庭の遊具、下駄箱など…思い出の場所はたくさん
  5. お友だちや先生と…卒園証書を手に仲良く記念撮影を
  6. 式後にお友だちと遊んでいる姿…カメラを意識させないのも◎

卒園式におすすめのカメラ設定は?

式典中は撮り直しがきかないので、失敗しないことが大事。こまかな設定が苦手であればオートにしておくとよいでしょう。卒園証書の授与など撮り逃したくないシーンは、連写機能を使って撮影し、あとでよいものをセレクトするのがおすすめ。看板前やお友だちとの記念撮影では子どもの顔にちゃんとピントが合わせるのがポイント。デジタルカメラならシャッターを半押ししてから撮影。スマホなら子どもの顔をタップすればピントと明るさを合わせられます。

感動の嵐!卒園式の写真は見返すのも大きな楽しみ

卒園式をテーマにしたフォトブック

親にとって、卒園式は本当に感動的です。子どもが入場してくる姿に涙、卒園証書をもらう姿に涙、保護者代表の挨拶にまた涙…。とくに歌のシーンは「泣ける!」というパパママの声が多数。卒園式の歌は、ずっと心に残る大切な思い出のひとつになりますね。
そんな感動の卒園式の写真は、ぜひカタチにして残しておくことをおすすめ。卒園式の日はシャッターチャンスも多く、いい写真がたくさん撮れます。「卒園式」をテーマに1冊のフォトブックやアルバムにまとめれば、見返すたびに卒園式の感動がよみがえり、子どもへの愛情も深まります。
卒園式は子どもの大きな成長の節目であり、写真整理のチャンスでもあります。もし、まだ撮りっぱなしで整理できていない幼稚園や保育園時代の写真があれば、小学校入学前のこのタイミングを区切りとしてアルバムやフォトブックにしておくのもおすすめ。フォトブックなら同じものを同時に何冊も注文できるので、祖父母にも贈ると喜ばれます。



おすすめ!フォトブックお役立ち記事

子どもの誕生日のお祝いと写真の撮り方のコツ【自宅編】

1年に1度やってくるわが子の誕生日は、世界でいちばん大切にしたい記念日かもしれませんね。「すくすく育ってくれてありがとう」というパパやママの気持ちも写り込むような幸せ写真を残すヒントをまとめました。